避妊薬を値段で選ぶなら通販!

低用量ピルは高い避妊効果のある避妊薬です。ジェネリックも販売されており、通販での購入がお得です。副作用も解説します。

低用量ピルの種類と避妊効果

低用量ピルの種類と避妊効果

低用量ピルの種類

低用量ピルは正しく服用すればほぼ100%の避妊の効果がある避妊薬です。ここ最近のピルは改変・改良され副作用もかなり抑えられています。低用量ピルは卵胞ホルモンの量が50μg未満のものをいいます。50μg以上のものを中用量ピルといいます。低用量ピルは3種類に分ける事ができます。「一相性」「二相性」「三相性」と分けられます。これは配合量の違いで分けられます。

  1. 「一相性」は全ての錠剤のホルモン量が同じなので飲む順番は気にする必要はありません。
  2. 「二相性」は2種類の薬を前半、後半に分けて飲みます。(マーベロン)
  3. 「三相性」は3種類に分かれていて、3段階に分けて服用します。(トリキュラー)

代表的な低用量ピルにはトリキュラー、マーベロン、ダイアン35などがあります。

低用量ピルの効果

なぜ避妊ができるかと言うと、卵胞刺激ホルモンの分泌が抑えられた事により、卵胞の成熟が抑えられます。成熟出来なかった卵胞は勿論排卵されませんが、もしも成熟したとしても、排卵する為に必要な黄体ホルモンの分泌も抑えられていますので、排卵することが出来ない状態になります。このように人工的に無排卵の状態を作るのが、低用量ピルの避妊の仕組みです。そしていくら精子が入ってきても、出会うべき卵子がいませんので当然妊娠は出来ません。

低用量ピルの効果

その上、ピルには子宮内膜が厚くなるのを防ぎ、受精卵が着床し難い状態になるように作用します。また子宮頚管の分泌液に変化を起こして、精子の子宮への侵入を防ぐ効果もあり、2重3重に避妊効果を高めます。

避妊以外の効果もあり、子宮内膜症の予防、病巣進行の停止、子宮体がん、卵巣癌のリスクの軽減も期待できます。副作用でもある抗アンドロゲン作用を利用したニキビ治療も効果があります。また月経痛の改善、月経周期のコントロール可能、肌の調子も良くなるという効果もあります。

低用量ピルの値段

病院での処方となると平均的に1シート(1か月分)3240円ですので、1日あたり100円前後です。薬代の他、初回は診察料が約1000円程度かかります、2回目以降は処方料が約200円かかります。 それに比べて通販での低容量ピルを購入する場合、トリキュラーだと1シート21日分で1600円、1日辺り75円しか掛かりません。更にまとめて購入する事により値段はさらに安くなり1日あたり30円程度で使用できるようになります。

低用量ピルの副作用

低用量ピルの副作用

副作用に関しては先ほど書きましたように極めて少ないのが特徴です。ホルモンの配合量をぎりぎりまで抑えているので身体への負担はそれほどありません。ただ、体内のホルモンバランスを妊娠の時と同じ状態にするために妊娠初期症状に似た症状が副作用として出ることがあります。考えられる副作用としてあげられるのが、

  1. 吐き気
    妊娠初期症状で代表的なつわりと似た症状です。
  2. 倦怠感
  3. 不正出血
    こちらもホルモンバランスが関係しています。子宮内膜など、一部剥がれるなどで不正出血が起こる事があります。
  4. 眠気
    妊娠と同じ状態になると体温が上がりやすくなるので眠くなりやすくなります。
  5. うつ
    ホルモンバランスの変化で妊娠した時と同じように精神的に不安定になる事があります。その結果にうつなどそういった症状が出る場合があります。

もし、強い副作用が出た場合は医師に相談するようにしましょう。身体が慣れていないために、飲み始めは副作用が一時的に強く出る場合があります。また薬の効きなどはどうしても個人差があります。体質に合う、合わないなどはあります。合わないと思った時は他の薬を試してみるようにしましょう。副作用に関しては低用量ピルは本当に少ないので副作用が心配な方は低用量ピルを使用する事をお勧めします。

※低用量ピルを飲むと太るという噂があるようですが、低用量ピルを服用して直接的に太るなどといった作用・効果はないのでご安心下さい。ホルモンバランスの変化で身体が栄養や水分を蓄えようとする場合があり、その影響で体重が増えてしまうことはあります。

また以下のような方は低用量ピルを服用するのは控えるようにして下さい。

  1. 妊娠中の方
  2. 出産後6週間以内の人
  3. 授乳中の方
  4. 高血圧な方
  5. 喫煙者(1日に15本以上タバコを吸う方)

上記以外の人でも持病をお持ちの方は医師、または薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。

またピル自体に性感染症(STD)を予防する効果は全くありません。低用量ピルを服用する事でコンドームの使用をしなくなる人がいますが、クラミジア、HIV、エイズ、などの性感染症を防ぐ事はできませんのでコンドームとの併用する事は忘れないようにして下さい。

人気の低用量ピル

人気のある低用量ピルをいくつか紹介します。

トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーは、今一番人気のある低容量ピルです。極めて副作用が少なく、不正出血も最大限に抑えてくれます。子宮内膜を安定した状態に保ってくれます。有効性、安全性に優れた低用量ピルです。

トリキュラーの通販 トリキュラーの詳細はこちら

ダイアン35

ダイアン35

他のピルで副作用が出た人に選択されるダイアン35も人気のピルです。アジア人のような体格の小さな人向けのピルです。避妊効果と共にニキビや更年期障害の軽減、ムダ毛の軽減など、女性にとっては嬉しい効果があるのも特徴です。1錠、70円程度でかなり値段も安くお求め安くなっています。

ダイアン35の通販

ヤスミン

ヤスミン

ヤスミンは避妊の目的よりも、特に月経困難症と呼ばれる月経期間中に起こる病的症状に対して効果を発揮します。アメリカ人が好んで使用する薬で、生理痛など問題がある人向けのピルになります。1錠辺り100円程度で購入できます。

ヤスミンの通販

低用量ピルを通販で購入

病院や産婦人科でも低用量ピルは処方はしてはもらえますが、そのたびに通院の手間がかかってしまいます。服用して特に問題がないのであれば、通販ならいつでも簡単に購入する事ができるのでお勧めです。

Return Top