避妊薬を値段で選ぶなら通販!

避妊法には様々なものがあります。正しい避妊法と間違った避妊法を解説します。避妊薬は大変効果の高い避妊方法です。

正しい避妊法と間違った避妊法

正しい避妊法と間違った避妊法

避妊と言っても多くのやり方があります。男性が主導で行う避妊法もありますし、女性の意思で行える避妊法もあります。日本の中絶手術率は先進国でもトップクラスだと言われています。避妊についての意識の低い国だともいえます。一部では日本では性教育が完全に行き届いていないとまで言われています。日本では避妊薬の認識がまだ薄く、避妊の方法は未だにコンドームが主流です。

多くの国内の女性には避妊は男性の役割だ。と言う認識が色濃く残っています。しかし、避妊が失敗した時、妊娠した時は全て、女性の問題へと転換します。妊娠してからでは遅く、中絶手術ともなると手術の費用の負担、また女性の場合は一度でも中絶するとなると、妊娠し辛い身体となってしまいます。それだけではなく中絶したという深い悲しみもあり、心と身体に大きなダメージを受けてしまいます。そういった事態にならないように、色々な避妊法を紹介しますので参考にして下さい。

効果の高い避妊方法

低用量ピル

毎日、同じ時間に服用する事でほぼ100%避妊できます。低用量ピル副作用も少なく避妊意外にも生理痛の緩和、ニキビ改善など効果もあります。海外の先進国では多くの女性が利用しているのに関わらずまだ日本ではあまり普及されていません。避妊薬としてはかなり効果を発揮してくれます。

アフターピル

避妊に失敗した場合、事後に服用する事で高い確率で妊娠を防ぐ避妊薬です。12時間以内に服用すれば避妊率は95%と言われています。アフターピル病院での処方では1万円以上しますが、通販で購入できるアイピルなどのジェネリックであれば1000円程度で購入する事ができます。

コンドーム

コンドーム

避妊具といえば、まず思い浮かべるのがコンドームです。避妊具として9割の人が使用しています。価格も手頃でコンビニなんかでも購入できます。誰でも簡単に利用する事ができます。また性感染症の予防の効果もあります。ただ、失敗することも多く、避妊率は80%とされています。

ベッサリー

子宮口に被せて使うゴム状の避妊具です。簡単に言えば女性版コンドームです。子宮口をふさぎ精子が子宮内に侵入するのを防ぐ事で妊娠を防止します。膣から指で挿入し、一般にゼリーと一緒に併用します。ただし、装着するのが難しく、近年ではあまり使用されなくなった避妊具です。

IUS、IUD

子宮内に器具を装着することで受精卵の着床を防止します。産婦人科など病院で装着してもらう必要があります。1度、装着すれば約2年間ほど効果があります。ほぼ100%避妊できます。ごく稀に自然に器具が外れてしまう事もあります。費用は10万円程度掛かります。出産経験のない女性の場合は装着できない事もあります。

避妊手術

避妊手術

男性も女性も行う事ができます。女性の場合は卵管を切断する事で妊娠を防ぎ、、男性の場合は精官を切断します。(パイプカット)手術という事で身体への負担は当然ですがかかります。一度、手術してしまうと元に戻すのはかなり困難と言われています。こちらも保険は適用外ですので費用は高額となります。10万円~20万円程度です。

間違った避妊法

間違った避妊法

安全日(オギノ式)

月経周期の排卵日近くを避けてセックスをする方法です。「生理前は安全日」等、考えてしまう人もいるようですが、人間は機械ではありません。毎月、同じタイミングで排卵するわけではありません。だから機械的な排卵なら、妊娠しない時期を特定できるでしょうが、実際の排卵日は毎度、変動します。俗に言う「安全日」は存在しません。オギノ式は、もともと妊娠を希望している方が月経周期のどの時期が「妊娠しやすいか」を判断して妊娠の確率をより上げるために使う方法なので、逆に考えたからといって避妊法と考えるべきではありません。

膣外射精

射精寸前に中断し、膣外に射精するという方法です。しかし、この方法は男性器から射精前から精子が少しずつ漏れ出しているので実は全く意味がないのです。避妊の観点からも性感染予防の観点からも非常に危険な方法と言えます。

近年ではピルの計画的服用によって避妊できるだけではなく、無駄な排卵を抑制して卵巣の老化スピードを遅らせる事や、長期服用によって卵巣がんや卵巣腫瘍のリスクを減らす事ができるとわかってきました。今は避妊しているけれども、将来的に子どもを持ちたい女性にとっては有効な手段として注目されています。

ライフプラン

以上、自分に適した避妊法を選ぶ事が大切です。男性が主導で行うものか、女性が主導で行うものか、医師による施術が必要なものかも異なります。ライフプランを見据えた避妊法を選択しましょう。そして妊娠を望んでいないのであれば、正確な避妊法を選択しましょう。望まぬ妊娠は身体、そして心にもダメージを受けます。

アフターピル、低用量ピルは病院でも処方してもらう事はできますが、保険適用外で費用が高くなってしまいます。しかし通販だとアイピルのような避妊薬のジェネリックも豊富にそろっているので費用を安く抑える事ができます。また低用量ピルの場合は毎日使用するのでまとめて購入する方が面倒な手間が省けます。通販を有効的に使えば手間なく避妊をする事ができます。

Return Top