避妊薬を値段で選ぶなら通販!

緊急避妊薬とも呼ばれるアフターピルの種類、効果、副作用を解説します。ノルレボジェネリックなら10分の1の値段になります。

アフターピルの種類と避妊効果

アフターピルの種類と避妊効果

アフターピルとは

妊娠を希望してないのに妊娠してしまった。そういった状況にならないために避妊をします。避妊方法と言っても数多くあります。その中でももっとも確実性の高い避妊方法の1つにアフターピル(緊急避妊薬)の服用があります。

主に避妊に失敗した場合に使用します。アフターピルは服用時間が早ければ早いほど、避妊効果は高まります。確率的に24時間以内で95%、72時間以内で75%の効果があります。これさえあれば生理日までに心配して過ごさなくても済みます。

アフターピルの種類

アフターピルには主にプラノバール錠とノルレボ錠と2種類あります。

ヤッペ法

プラノバール錠を使用します。この薬は元々は緊急避妊を目的としたものではなく、中用量ピルを転用したものです。摂取するホルモンの量も多くなってしまうため、副作用も強いという理由で現在ではあまり使用されなくなりました。中用量ピルを72時間以内に2錠服用し、その後12時間経過したのちもう2錠服用します。

ノルレボ法

ヤッペ法の欠点を改良したものです。ノルレボ錠はプラノバール錠よりも副作用がかなり軽減されました。 また飲み忘れのリスクが低く、吐き気もなく緊急避妊薬としてこちらが主流となっています。性行為から72時間以内に1錠だけ服用するだけです。

アフターピルの効果

アフターピルの効果

アフターピルでの緊急避妊を行った場合の成功確率は12時間以内に服用すれば95%とても高く、性交後、なるべく早く服用する事によって成功確率を高める事ができます。遅くても72時間以内に服用すれば効果的とされています。

服用すれば排卵を遅らせる(もしくは止める)、子宮内膜を変化させる、妊娠継続に必要なホルモンの生成を抑える効果があります。何故性交後でも効果があるかというと、上記の働きによって排卵と受精卵の着床の両方を抑制するためです。その為、受精後でも効果があり、妊娠する確率を大幅に下げる事ができるのです。

アフターピルの値段

日本国内では処方箋がないと購入する事ができないものなので必ず病院に行かなければいけません。処方してもらう場合、保険は適用外なので診察代と薬代は全て自己負担となります。また病院により価格差もあり大体は1回の処方で1~2万円ぐらいです。

しかし、通販を利用して購入するとなると値段をかなり抑えて購入する事ができます。通院する手間も省けて、処方箋なしで購入できます。ジェネリックを購入するとなると1/10の価格で購入する事ができます。1000円程度で購入できるという事です。かなり費用は抑える事はできます。お勧めです。

アフターピルの副作用

アフターピルの副作用

一般的に、アフターピルを服用すると胃腸からホルモンが吸収され、血中での濃度が上がるので、服用から2~3時間すると副作用の症状が出始める事が多いようです。これは、女性ホルモンの急激な増加に対する体の拒否反応だと言われています。大抵、数時間から半日程度で症状は改善します。24時間以内にはおさまるようです。

服用後、5日程度で薬の成分は体外に排出されます。将来に身体に悪影響を及ぼすものはありません。しかし、数日後に副作用と似た症状が出る事もあり、数日で治まる方もいれば、1~2週間の期間続いたという報告もあります。一般的には、時間の経過により副作用は弱まり、24時間以上継続する事はありません。

ヤッペ法、ノルレボ法の共通の副作用の主な副作用は下記となります。

  1. 吐き気
  2. 嘔吐
  3. 頭痛
頭痛

ここでヤッペ法(プラノバール錠)では、50%の人に吐き気があるのに対し、ノルレボ錠では5%以下と極端に少なくなります。また、プラノバール錠内服後は、15%の人に嘔吐がありますが、ノルレボ錠内服後に吐く事はほとんどありません。吐き気対策として市販されてる吐き気止めと併用しましょう。

ノルレボジェネリックのアイピル

アフターピルのジェネリックとして代表的なものがアイピルとなります。ノルレボ錠のジェネリックです。世界でも最も人気の高い緊急避妊薬です。性交後の12時間以内の服用で約95%の人が避妊が可能というデータがあります。とりあえずアイピルがあれば大丈夫でしょう。アイピルなら1000円程度で購入できます。

アフターピルを通販での購入

通販で購入する事で値段をかなり抑える事ができます。1/10の値段でアフターピル(アイピル)を購入する事ができます。またアフターピルは常備しておきましょう。いつ何が起こるか分かりません。お守り代わりとしても安心できます。

Return Top