避妊薬を値段で選ぶなら通販!

高い避妊効果のある低用量ピルやアフターピルなどの避妊薬ですが、様々な種類があります。購入するには通販がお勧めです。

経口避妊薬の種類と購入方法

経口避妊薬の種類と購入方法

避妊とは

人間は生殖目的のためだけではなく、愛情表現としても性交を行います。性交の目的は、性器の結合や射精・オーガズムといった官能的快楽の欲求を満たすためだけに行う場合が多いです。しかし、出産となると負担が多いために妊娠を避けながら性交を行う手段として避妊が必要とされています。日本では避妊はまだまだ認知度は浅いですが、海外では性についての意識も高く、避妊は最も重要視されていることです。

アフターピル

アフターピルは緊急避妊薬とも言い、何らかの事情で避妊に失敗した際に、緊急に飲む避妊薬です。服用は早ければ早いほど効果があります。アフターピルは2種類あります。プラノバール錠とノルレボ錠です。

プラノバール(ヤッペ法)

プラノバール(ヤッペ法)

プラノバールは体内のホルモンバランスを整える作用があります。様々な月経時の症状を改善します。緊急避妊薬として利用する場合は2錠を服用します。性交から72時間以内に服用し、そして12時間後にもう1錠、服用します。これが一般的なプラノバールの服用方法です。通称ヤッペ法と呼ばれています。効果はありますがその分、副作用が強く、特に強い吐き気、そして体重の増加も多く報告されています。

ノルレボ錠

もう1つはノルレボ錠です。こちらはヤッペ法とは違い服用は1錠だけで避妊の効果を得られます。また副作用もかなり改善されて、避妊薬につきものの副作用の吐き気はかなり抑えられています。避妊率の数値もかなり高く、副作用も少なく1錠で済む事から緊急避妊薬としてはノルレボ錠を服用する事が主流となっています。ジェネリックのアイピルなら格安で購入できます。

低用量ピル

現在、国内でアンジュ、トリキュラー、ラベルフィーユ、マーベロン、シンフェーズ、オーソ、ファボワールといった低用量ピル病院、婦人科などで処方されます。低用量ピルとはアフターピルとは違い毎日、服用する避妊薬です。一般的に月経が始まった日から飲み始めます。21日間飲み続け、7日間、服用を休む。用法・用量を正しく守っていればほぼ100%避妊する事ができると言われています。

低用量ピルの飲み方は、全てのピルは生理が始まってから24時間以内に服用し始めるのが一般的です。しかし、それ以外にも生理開始から7日目までの間に飲み始める事ができます。ただし、その場合は確実に避妊効果が得られるのは服用してから2週間後くらい後からになります。その間はコンドームなどで避妊回避をするようにして下さい。

トリキュラー

トリキュラー

トリキュラーは三相性タイプの低用量ピルです。避妊効果は正しい服用をしていれば99%避妊効果があると言われています。トリキュラーの特徴はホルモン量が3種類に分かれています。順番通りの服用が必要となるので飲み忘れた時、対応は若干、難しいです。しかし自然なホルモン分泌に似せホルモン量が調節されているために一相性のピルより飲み始めの副作用が出にくい作りとなっています。トリキュラーを上手に使う事で生理不順な方でも、生理周期を28日にきっちり整えます。またトリキュラーは避妊以外にも多くのメリットがあります。

  1. 生理通が軽くなる
  2. 生理の出血量が減り貧血を起こさなくなった
  3. ニキビの改善
  4. 長期服用する事で癌予防ができる
  5. リウマチの予防
トリキュラーの通販 トリキュラーの詳細

マーベロン

マーベロン

マーベロンは一相性タイプの低用量ピルです。全ての錠剤に同量のホルモンが配合されているのが特徴です。そして「三相性タイプ」とは違い飲む順番を気にしないで服用できるメリットがあります。基本的に生理が始まった最初の日から服用し始めます。毎日、一定の時間に21日間のみ続けます。起床時や就寝前などに飲むと決めていると飲み忘れが防げます。もし、飲み忘れた場合は気づいた時にすぐに飲み忘れ分を服用し、その日の分の薬も決めた時間に服用しましょう。飲み忘れた日は1日に2錠服用する事になりますが身体に害などはありません。正しく服用する事でマーベロンも99%避妊する事ができます。副作用も軽度なので気軽に使用できます。以下が報告されている副作用です。

  1. 不正出血
  2. 乳房の張り
  3. 吐き気・嘔吐
  4. 頭痛
  5. めまい
マーベロンの通販 マーベロンの詳細

避妊薬の購入方法

避妊薬の購入方法

ピルの購入法ですが病院、産婦人科での処方か通販を利用して購入するかの2つの方法があります。病院での処方となると価格が一定でないために通販で購入するより費用が高くついてしまいます。保険適用外の処方となるからです。また診察代も掛かってしまいます。

病院処方

病院で処方してもらう場合、低用量ピルは大体の値段は約1800円~3000円(1ヶ月分)となります。もちろん時間に余裕のある人にとっては病院で処方してもらう方が安心だとは思いますが、時間に余裕のない人に取っては診察の予約を取る事でさえ難しいかと思います。

アフターピルの場合はさらに高額で、1錠で10000円から16000円もします。緊急事態での服用となるので金額を理由に購入を諦めるというという事はないかもしれませんが、かなり痛い出費になってしまいます。また、早く飲むほど効果が高くなるので時間が大切になりますが、そういう時に病院が休診だったりどうしても行けないという状況もありえます。その間にもどんどん避妊率は下がっていってしまいます。それが中絶や望まない妊娠など、人生を大きく左右する事にもなりかねません。

通販

そのような場合に備え、アフターピルは通販で購入して常備しておく事が大切です。女性であればいつ何があるかわかりません。ジェネリックのアイピルなら1錠1000円程度と格安ですし、たとえ使わなかったとしても、これくらいの金額であればお守り代わりだったと思えば安いものではないでしょうか。

また、病院ではアフターピルはその時に必要な状況でなければ処方してもらえません。通販でしたらある程度まとめて購入しておく事も可能なので、心配な方はまとめて何錠か購入しておくのもお勧めです。

通販

通販の方が確実に費用を抑えられますし、インターネットが出来る環境であれば24時間、いつでもどこでも購入する事が可能なので時間も掛けずに購入する事ができます。また低用量ピルは国内で取り扱われていないものも購入する事ができます。病院によって処方されない低用量ピルが多くあります。薬の効きや副作用などそういった事は個人差もあり、違います。しかし、通販はそういった事も解消してくれます。また低用量ピルも値段を比べても病院で処方してもらうよりかなり抑える事ができます。通販ならではですが、口コミを見て自分で選択する事ができる事もメリットでしょう。

通販のもう一つのメリットが、誰にも会わずに購入できるという事です。アフターピルを処方してもらおうと病院に行ったら医師に色々と詮索をされたり、よけいな説教をされてしまったというケースもあるそうです。ただでさえ産婦人科とは敷居が高く感じますし、通販であればそのような不快な思いをする心配もありません。

ただし海外からの発送になりますので、すぐに届けてもらうのは不可能で、だいたい10日前後かかります。気持ちに余裕を持つ意味でもあらかじめ注文しておき、服用方法などをしっかりと調べておくのがお勧めです。何かあった時に、自分の身は自分で守るために、通販で購入して常備しておくのがお勧めです。

おすすめ記事

  • 避妊薬は通販がお得

    避妊薬は通販がお得

    アフターピルや低用量ピルなどの避妊薬は、通販で購入する方がお得です。ジェネリックもあり、アフターピルのジェネリックは10分の1の価格で購入できます。

  • アフターピル

    アフターピル

    避妊に失敗してしまった時などに事後に服用する事で妊娠を防ぐ事ができるアフターピル(緊急避妊薬)の効果、副作用などです。女性ならお守りかわりに持っておきましょう。

  • 低用量ピル

    低用量ピル

    毎日同じ時間に服用するだけでほぼ100%の避妊効果がある低用量ピルの飲み方、副作用、値段などを解説します。通販で購入するのが簡単ですのでお勧めです。

  • 避妊法

    避妊法

    避妊するにはコンドーム以外にもたくさんの方法があります。ですが中には間違った避妊法もあるんで気をつけましょう。確実で安全なのは避妊薬を服用することです。

Return Top